脱毛症とAGA

脱毛症とAGAは同じ様に考えられていますがどのような点で違うのか、また対策方法も詳しく説明します

脱毛症とAGA

日本人の男性の3人に1人が薄毛で悩んでいるというデータもありますが、AGAは脱毛症の中の一つで他にも様々な種類のものがあります。

脱毛症とはどういうものでどのような種類があるのかご紹介します。

脱毛症は、以前髪の毛がフサフサと生えていたところの髪の毛の密度が50%以下になった時にあてはまる言葉で、加齢や遺伝により自然と髪の毛が抜けおちてなる場合やストレスや薬品の副作用によって急激に脱毛症になってしまう場合など様々な原因があります。

原因や薄毛のなり方によって種類が分かれ、男性型の脱毛症のことをAGAと言います。

これは遺伝やホルモンのバランス、生活習慣や食事、ストレスなど様々な原因でなると言われています。

脂漏性脱毛症は頭皮の毛穴が汚れで詰まって起こるもので、頭皮の汚れを取る事でかなり改善されます。

老人性脱毛症は加齢が原因なので治すのはなかなか難しいでしょう。

円形脱毛症は急激なストレスなどで起こります。

薬物脱毛症は抗がん剤などの投与によって副作用として起こります。

抗がん剤を辞めれば通常は治ります。

その他やけどの跡などの瘢痕性脱毛症というのもあります。

それぞれ原因は様々ですが、治すのが難しいものもあれば、ちょっと改善するだけで髪の毛が生えるようになるケースもあります。

自分がどんな脱毛症なのか把握しておくことも改善には効果的です。

もしもあなたがAGAと思われる場合なら、専門のサロンや病院などでの治療を受ける事でかなり改善されます。

専門の、というと身近なところにはないんじゃないかと思われるかもしれませんが、今はこうした専門のクリニックは増えていますのできっと通いやすい場所で見つかると思いますよ。

例えば名古屋ならこちらです⇒AGA(男性型脱毛症)治療|AGA治療・薄毛治療の専門病院AACクリニック名古屋

まずは勇気を出してサロンや病院などに行ってみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加