ニキビ跡はなぜできる?キレイに治せる新宿の専門クリニック

ニキビが治った後、肌が凸凹になってしまい、跡が消えないと悩む人がいます。

男性、女性共にニキビ跡が凸凹になってしまい、何とかして消したいとあれこれ悩んでいる人は多いようです。

ニキビ跡ができる原因とは何なのでしょう。

【ニキビ跡の原因】

ニキビ跡として残ってしまう原因は2つあります。

1つはニキビを自分で潰してしまうこと、もう1つはニキビのひどい炎症です。

ニキビを自分で潰してしまうと、手や爪についている雑菌が入り、炎症が悪化して周辺の皮膚も傷つけてしまうため、跡が残ります。

またニキビの炎症がひどいと、毛穴周辺の皮膚組織が損傷してしまいます。

それが傷跡となって残ってしまうのです。

【ニキビ跡の種類は】

ニキビ跡にはクレーター型、色素沈着型、赤み、しこりなどの種類があります。

クレーターはニキビの炎症が真皮にまで及んだもの、色素沈着は炎症から肌を守ろうとしたメラニン、赤みは傷跡を治すために集まった毛細血管とそのうっ血、しこりはニキビを治そうと過剰にコラーゲンなどが生成されてしまい、固まったものです。

【ニキビ治療専門クリニックで治療を】

ニキビ跡は、痛みなどがないためにそのままにしがちで、一般の皮膚科でも積極的に治療はしません。

しかし新宿などにあるニキビ治療専門クリニックではニキビ跡もきれいにする治療を行っています。

新宿駅周辺にいくつかクリニックがありますので、ニキビ跡の治療の相談に行ってみると良いでしょう。