ニキビ跡はなぜできる?キレイに治せる新宿の専門クリニック

ニキビが治った後、肌が凸凹になってしまい、跡が消えないと悩む人がいます。

男性、女性共にニキビ跡が凸凹になってしまい、何とかして消したいとあれこれ悩んでいる人は多いようです。

ニキビ跡ができる原因とは何なのでしょう。

【ニキビ跡の原因】

ニキビ跡として残ってしまう原因は2つあります。

1つはニキビを自分で潰してしまうこと、もう1つはニキビのひどい炎症です。

ニキビを自分で潰してしまうと、手や爪についている雑菌が入り、炎症が悪化して周辺の皮膚も傷つけてしまうため、跡が残ります。

またニキビの炎症がひどいと、毛穴周辺の皮膚組織が損傷してしまいます。

それが傷跡となって残ってしまうのです。

【ニキビ跡の種類は】

ニキビ跡にはクレーター型、色素沈着型、赤み、しこりなどの種類があります。

クレーターはニキビの炎症が真皮にまで及んだもの、色素沈着は炎症から肌を守ろうとしたメラニン、赤みは傷跡を治すために集まった毛細血管とそのうっ血、しこりはニキビを治そうと過剰にコラーゲンなどが生成されてしまい、固まったものです。

【ニキビ治療専門クリニックで治療を】

ニキビ跡は、痛みなどがないためにそのままにしがちで、一般の皮膚科でも積極的に治療はしません。

しかし新宿などにあるニキビ治療専門クリニックではニキビ跡もきれいにする治療を行っています。

新宿駅周辺にいくつかクリニックがありますので、ニキビ跡の治療の相談に行ってみると良いでしょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違いは?それぞれに合った治療方法

同じように見えるニキビでも、思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビとは違います。

原因や特徴が違うため、ニキビ治療の方法も違ってきますのでそれぞれの違いを理解しておきましょう。

【思春期ニキビとは】

思春期と言われる13歳から18歳くらいの間は、男女ともに成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が増えます。

そのため排出できなかった皮脂が毛穴を詰まらせてニキビになります。

詰まった毛穴でアクネ菌が増えるため、赤い炎症性のニキビができます。

皮脂の過剰分泌が原因です。

【大人ニキビとは】

大人になってからできるニキビは皮脂の過剰分泌だけではなく、ターンオーバーの異常や肌の乾燥、女性ホルモンの影響などが原因になります。

ニキビというと皮脂が多いからだと思いがちですが、大人ニキビの場合は乾燥でもできるので注意が必要です。

ニキビの原因は他にも…こんなところにニキビ・・・できる場所で「体の弱ってるところが分かる」

【それぞれのニキビ治療の方法】

それぞれのニキビの治療方法ですが、思春期ニキビは主に皮脂の分泌量と水分量を適度に保つような薬や化粧品を使います。

大人ニキビの場合は、生活習慣を見直し、肌のターンオーバーを正常にすることを心がけます。

新宿にあるニキビ治療専門のクリニックでは、思春期ニキビ、大人ニキビ共に治療を行いますが、それぞれに合った治療薬、治療方法で進めてもらえるので早く確実に治ります。

新宿周辺には特にニキビ治療専門のクリニックが複数あるので、どのクリニックが自分に合っているかを調べ、行ってみると良いでしょう。